消耗品の保管と廃棄

1月にメスティンで自動炊飯を行いましたが、そのときの固形燃料がまだ一つ残っていました。今日は、それを使って、ちょっと少なめの0.8合の米で、再び、自動炊飯をしました。ダイソーの固形燃料は買ってから2か月経っていたので、大丈夫かと不安になりましたが、上手く炊くことができました。

今回は、家庭で自動炊飯を試した時の固形燃料の余りですが、時々、山歩きをする方で、消耗品の保管や廃棄の目安は、どうしているのでしょうか?
例えば、バーナーのボンベ、普段は食べないような非常食、救急セットの中身など。
私自身は、山でのティータイムでシングルバーナーを使用するのですが、山歩きの回数が減り、ガスの使用量が少ない為、ボンベが長持ちして、保管していてよいのか、そろそろ廃棄した方が良いのか迷うことがあります。

山火事報道を受けて

先週、全国で山火事の報道を受けて、今週、各所で山火事が起きた場合を想定した消火訓練が行われています。その中で、水の確保とホースの延長が重要だと報道されていました。また、水圧を下げないように、消防車で中継しなければならないこともいわれています。
しかし、今回の訓練では、ホースの長さが500~800mということで、標高の低いところでの初期消火、もしくは、麓への延焼を防ぐ程度にしかならないのではないかと感じました。
やはり、山歩きあるいは、山での作業中の火の扱いには、細心の注意を払う必要があるということです。
林野庁によると、山火事の原因は、焚火、火入れ、放火、タバコの順となっています。

この記事を書いている途中で、ソロキャンプでの残り炭の放置が問題となっているというニュースを見かけました。
また、先日、ある雑誌で、落ち葉の中で焚火をする表紙が問題となりました。

山歩き、キャンプなど、自然活動をする方は、再度、火の管理について、考えてみましょう。

3月のおでかけ情報

高尾山の冬そばキャンペーン
期間:3月14日(日)まで
キャンペーンチラシにてクーポン割引サービス
500円以上のそば・うどん100円引き
詳しくは、下記、京王グループのHPにて、ご確認ください。
https://www.keio.co.jp/
「第19回高尾山の冬そばキャンペーン」

越生梅林梅まつり
期間:3月21日(日)まで
入園料無料

カタクリ群生地
見頃:3月中旬から下旬
場所:埼玉県小川町
カタクリとオオムラサキの林
西光寺境内(小川町小川1277)

※緊急事態宣言で、観光案内所が閉鎖されていたり、HP上で、県をまたぐ移動などはお控えください。などの注意がありますので、出かける際は、事前確認と自己判断でお願いいたします。

秀山荘閉店

今日、川越へ出かけ、帰りに、登山用品店の秀山荘へ立ち寄ると閉店セールをやっていていました。

昨年、よく行っていた石井スポーツの川越店が閉店となり、川越で登山用品店を探していました。そして、秀山荘が一昨年から川越で営業していたことを知り、何回か、通いました。そして、本日、3月21日で閉店すると初めて知りました。最近、登山用品店というか、専門店が、閉店あるいは、縮小していっているような気がするのですが、気のせいでしょうか?

登山を始めた20年以上前に、池袋にあった秀山荘へ通い、新宿へ移転後、数回、行ったきりでした。そして、川越への移転を知り、行き初めた矢先に閉店とは、残念。

山歩き中に山火事に遭遇したら?

もし、山歩き中に、麓で火事が発生した場合、皆さんならどうするでしょうか?
今週、2件の山火事ニュースがありました。

1.栃木県足利市両崖山付近
→ ハイカーの休憩場所が火元とみられている

2.東京都青梅市沢井
→ たき火が原因

今まで、山歩きを経験してきて、「道に迷ったら引き返す」「クマが出そうな場所では、鈴などで大きな音を鳴らしながら歩く」などと、山歩き中の危機管理として、多くの本を読んできました。しかし、山火事の場合の対処方法は、記憶にありません。そして、今回、自分が山歩き中、火事に遭遇したら?と考えてしまいました。
たぶん、迂回ルートを探し、下山すると思いますが、飛び火していた場合を考えるとはたして、動き回ってよいのか?
山頂や高台まで登り、ヘリコプターの救助を待てばよいのか?

皆さんなら、どうしますか?

※今回の火事現場が、よく行く御岳山で使用する御嶽駅の一つ手前の沢井駅付近ということで、より身近に感じています。

再び、メスティンでパウンドケーキを焼いてみた

メスティンでのクッキング

メスティンでパウンドケーキを焼いてみた

再び、メスティンでパウンドケーキを焼いてみました。前回は、パウンドケーキの底面が焦げたので、今回は、できるだけ、弱火でゆっくりと焼きました。また、カシューナッツを練りこんでみました。
作り方は、前回と同様

こげもなく、上手く焼きあがりましたが、クッキングシートの囲い方が悪いのか、膨らむ途中でシートをまきこんでしまうので、次回、その調節が必要です。
また、ナッツをケチりすぎました、多めでも良かったかも。

お出かけスポット

今週末から3月にかけて、どこへお出かけしますか?

あしがくぼの氷柱

2月23日(火・祝)まで
土日祝の13時~19時までの入場については、事前予約制

 横瀬町観光webサイト HP

越生梅林梅まつり

3月21日(日)まで
コロナウィルスの影響で、今年は、入園無料・園内自由散策

 越生町公式サイトHP

高尾山冬そばキャンペーン

3月14日(日)まで

 京王グループHP

山と渓谷2021年3月号

山と渓谷2021年3月号が発売されました。

今月の特集は、膝痛解決法。特別企画の名物団子も気になります。私が良くいく高尾山、御岳山の名物団子も紹介されていました。山道具のメンテナンスもためになります。

特集:「よくわかる! 登山の膝痛解決法」
1章: “膝痛”はなぜ起こる?
2章: 登山の膝痛はこれで治す!
3章:もっと快適に歩く

第2特集:
快適に使い続けるための山道具メンテナンス
 レインウェア&ダウン製品編
 レインウェアのメンテナンス

特別企画 名物団子を味わう春のハイキングガイド

別冊付録「トレッキングポールのABC」

危険だけど、ちょっと残念

今週、キャンプ女子のユーチューバーと自動車会社のタイアップ記事が不適切だと炎上し、ユーチューバーは活動を休止すると謝罪していました。

記事の写真は、一面に落ち葉が広がる場所で、車と2張のテントをバックに、焚火台で焚火を囲む様子でした。確かに、非常に危険な行為ですが、インスタ映えはします。もし、写真だけなら、薪を組んだ中にLEDライトを仕込んで焚火のように撮ればいいのです。そして、実際に焚火でクッキングをする場面は、安全に配慮した方法をとればすむのではないだろうか?記事のあり方はわかりませが、写真映りを良くする方法と安全な方法とは、イコールではないのだから、別々にとっても良かったのではないだろうか?以上、ネットの記事だけで、私見を述べています。

また、この行為でユーチューバーが謝罪し活動を休止するとありました。これについても、休止する必要がなく、指摘を受けながら改善し続ければと思っています。

今回の件で、初めて、このユーチューバーの動画を数件見てみました。ちょっと気になった点を2つほど掲載しておきます。

1.焚火で充分、火が起きているのにも関わらず、時々、火をいじっていること。
→火をいじると火の粉が飛び、山火事の原因となります。

2.薪割りで、刃物を持つ手に手袋をはめていること。
→滑って刃物が飛んでいく場合があります。刃物を持つときは、素手、または、革の手袋がお勧めです。