ランドネ 2021年 1月号

ランドネ 2021年1月号 No.115が発売されました。
10年ほど前の登山ブームで、登山をする女性として、山ガールという言葉が頻繁に使われました。
その山ガール向けに発行された奇数月発行の山雑誌ランドネ。
時折、興味深い特集が掲載されています。また、付録も
 
特集:ちいさな山とふもと歩き旅へ
 山好きが選ぶ20の楽しみ方
 10人の山道具

特別付録:ランドネオリジナル カッティングボード

私にとって、山の本といえば、月刊誌「山と渓谷」
ここ数年は、興味深い記事が掲載されたおりに、購入する程度ですが。
そして、数年前?もう少し前かな山ガール向けに発行されたランドネも、時々、購入してみるのですが、山と渓谷とは、ちょっと、違った視点で特集が組まれており、興味を引きます。

奥多摩の山頂の標識

以前にも書きましたが、今年に入り、wordpressを使い始めて、過去の山歩きの記録、写真を少しづつ整理しています。山歩きの約9割は、高尾と奥多摩地域なので、写真も同じような場所及びアングルのものが存在しています。最近というか、ここ数年、他の登山者のweb写真を見ると、奥多摩の山頂の標識が御影石に変わっています。それを見て、私は、まだ、御影石の標識は撮っていないなと感じているところです。しかし、それと同時に、個人的には山頂の標識は、丸太で建てられているものが趣があっていいなと思っています。

早いうちに、新しい御影石の標識に出会いたいのですが、いつになることやら、、、

古い写真など、パソコンを買い替えるごとに、移行していて、気を付けなければなくしたり、どこのフォルダに入れているが忘れてしまいがちになります。
みなさんは、どのように整理していますか?

高尾山の紅葉

毎年、この時期になると、混むと分かっているけれど、ついつい、行ってしまいがちになるのが、高尾山への紅葉狩りです。
紅葉狩りの時期になると、6号路は、午前(午後2時まで)は、登り専用となるぐらい、混みあっています。

また、高尾登山鉄道のホームページにて、高尾山の紅葉情報が掲載されていますが、ちょうど今が見頃です。

高尾登山鉄道のホームページは、こちらから

高尾山スミカでは、秋のイベントとして、高尾山&八王子の特集も開催されています。

混んでいるのを覚悟で、興味のある方は、出かけてみてはどうでしょうか?

低山ハイクでのレイヤーについて

これからの時期、低山ハイクでのレイヤーに困ったことは、ありませんか?

アンダーウェアやミッドレイヤーは、ほぼ、定番で決めているのではないでしょうか。一番悩むのは、アウターだと思います。アウターを着て20分ぐらい歩くと暑くなるし、脱ぐと、風が吹いたとき、非常に寒くなります。また、登山用のアウターは機能が優れていますが、値段が高いし、脱ぐとかさばるといったことがあると思います。

そこで、私は、レインウェアを使用しています。
ミッドレイヤーの上に、薄めのダウンベストもしくは、フリースを来て、その上に、レインウェアを着ています。
暑くなった場合は、ダウンベストやフリースを脱ぐようにしています。

私は、高尾山や、奥多摩を中心に歩いており、日常、着ているものを登山にも利用しているのが実情で上記のような着方をしています。
冬場の中級以上の登山には、参考になりませんが、低山ハイクを中心に山歩きを楽しんでいる方は、参考にして見てください。

アイゼンの点検

今月の山と渓谷12月号の特集は雪山です。
今日は、ここ数年、使用していないアイゼンの確認をしてみました。
といっても、さびていないかどうか、登山靴にきちんと装着できるかどうかの初心者レベルの点検です。

写真の登山靴と6本爪アイゼンは、もう、使用してから20年ほど経ちます。
主に、川苔山、御岳山などの奥多摩地域、または、都内で大雪が降った週末に高尾山へ登る際に使用してきました。

私は、常に、この6本爪アイゼンを使用しています。ここ数年、雪山の高尾山では、土踏まず部分に装着する4本爪アイゼンを使用する方が増えてきたように感じます。
初心者にとって、アイゼンの装着は難しく、バンドの装着順序や左右を逆に装着したりしてしまいます。また、4本爪の場合は、前後を逆に装着してしまうことも起きてしまいます。この冬、雪山にでかけようと思っている初心者の方、いまから、確認しておいてはどうでしょうか?

山登りでつくる感染症に強い体

ヤマケイ新書 山登りでつくる感染症に強い体
――コロナウイルスへの対処法 (日本語) 新書 – 2020/10/17

ヤマケイ新書に、上記のようなタイトルの本が発売されました。このような時期に、コロナと関連付けて山登りの本を出版するなんてと一瞬思いました。しかし、著者が、病気に負けない体づくりで、健康な食習慣と無理のない運動習慣の重要性を主張してきた山のドクターと紹介されていたので、多少、納得しました。
コロナウィルス感染症のこと、感染症に強い体にする為の免疫力をあげる方法として登山の仕方が書かれています。

バックアップは取っていますか?

昨日(11月9日)のウェブニュースにて

サーバ管理会社が契約更新ミス 「ふくいナビ」全データがクラウドから消失、復旧不能に

というものがありました。
これを見て、長年、ブログやHPを継続している人は、ぞっとするニュースではなかったではないでしょうか。
私も、ヤマレコ(山行記録共有データベース)に登録して10年以上たちます。また、山行記録も25年前の記録を少しずつ掲載していて、もしもの時は、と思ってしまいます。

私の経験では、HPサービスの終了を1回、ブログサービスを1回、経験しています。その両者は、事前に、告知があったので、バックアップを取っておくことができました。
ようやく、今年になり、バックアップ用に、wordpressを利用できる有料サービスでサイトを立ち上げました。それまでは、無料のサービスを利用、ヤマレコも無料で使用していますが。
昔は、デジカメで撮った写真も、ローカルのパソコンに保存していましたが、ここ数年、クラウドサービスも発展し、すべてのものをクラウドで保存しているのではないでしょうか?そのような時に、クラウドサービスが、復旧不能になったり、そうはならなくても、長期間のメンテナンスに入ると作業が進まなくなるのではないでしょうか?

その為にも、バックアップ用に1つないしは、複数用意する必要がでてきます。しかし、それが多くなると、それらを同期するのも一苦労です。
このニュースを機会に、クラウド利用時のバックアップについて、考えるようにしましょう。
とっくに、やっているよ。という方も多くいると思いますが、、、

11月下旬の紅葉狩りにどうでしょうか?

この春から、過去の山歩きの記録をバックアップも兼ねて、ヤマレコからWordPressを使用したHPへ転載しています。
そして、過去の山歩きやウォーキング、その他の街歩きの記録も見直しています。
その中で、今月下旬から来月にかけて、紅葉狩りに出かけるには、一見の場所を紹介します。

わたしは、2012年と13年に、でかけています。

場所は、埼玉県新座市の平林寺です。

高尾山情報

いこうよ高尾山キャンペーン
今週末(11月8日)まで

1.#いこうよ高尾山SNS東京キャンペーン

2.いこうよ!高尾山クーポンプレゼント

3.安心・安全の高尾山!

高尾山スミカ「高尾山&八王子特集」
開催期間 2020年10月31日(土)〜12月8日(火)

「霊気満山 高尾山~人々の祈りが紡ぐ桑都物語~」の日本遺産認定を記念して、高尾山や八王子のおすすめ商品をセレクトした「高尾山&八王子特集」のイベントを「高尾山スミカ」で開催中

詳しくは、下記HPまで

高尾登山鉄道 HPは、こちらから