越生梅林梅まつり

越生梅林

先週から始まった越生梅林の梅まつりに行ってきました。
梅まつりに行くときは、越生駅から梅林まで4キロ弱の道のりを歩きです。
今回、公民館の駐車場で何かやっていたので立ち寄ると。

「梅香るおごせハイキング大会」でした。
30分前にスタートし、遅く来た参加者が5人ほど受け付けをしていました。
内容を見ると、
・ゆったりコースが、約3.6キロでゴールが越生梅林
・大会の参加費が無料
・梅林の入園が無料
ということで急遽、受付をし、参加することにしました。
※たぶん、一番最後の参加者だったでしょう

いつも梅林へは、バス通りを歩いていましたが、
今回、ハイキング大会に参加することで、越辺川の遊歩道という
新しいコースをみつけました。
ただ、2月の冬の時期ということで、枯れ枝が目立ち、物寂しい風景でした。
新緑の季節に、もう一度、歩いてみたいとも思いました。
そして、1時間ほどで、梅林に着きました。

いつもなら、時期的に早かったり、遅かったりするのですが
今回は、紅梅、白梅、ロウバイ、そして、福寿草と見事に咲いていました。
ただ、梅林を上から眺められる展望台が撤去されていたのが残念です。
園内を一周し、昼食にあったかいそばを食べてから、帰途へ

今回も、下記の3点を買って帰りました。
・梅ゆかり(金泊入り梅茶)
・おなめ
・梅干し
個人的に、お勧めの3品です。
※梅ゆかりに関しては、梅まつりにあわせて、製造販売している為、
他では、売っていないそうです。(数年前に聞いた話)

帰りは、バス通りを歩いて帰りましたが、
昨年も置いてあった、古いポストを今年も見かけました。
また、一般家庭の門柱わきに、枝垂桜が

2019年2月23日

武蔵越生「七福神めぐり」

列車事故により、越生駅に到着するのが遅れ、予定のバスには乗れず次のバスまで待ち、その間、法恩寺と正法寺を先にまわり、黒山へバスで行く。龍穏寺へ行く道は、数日前に降った雪が、凍った状態で非常に歩きにくく、円通寺へ向かう道路は、凍結のため、回り道を行う。円通寺を行った後、自然休養村センターで、休憩し、『ひもかわうどん』を食べる。
 帰りは、『ゆうパークおごせ』で、温泉に浸かり、生ビールを一杯