秋の高尾山

高尾山

今月から、秋のスタンプハイクが始まり、紅葉の時期には、早いと思いましたが、高尾山へ行ってきました。登りはじめが10時半ということもあり、登山客が多く、ケーブルカーには、すでに長蛇の列が発生していました。
いつも、準備運動をし、コーヒーを飲んでから登り始めるのですが、飲み終わった後、いつもあるごみ箱が全てない。ケーブルカーの従業員に聞くと、テロ対策の為、ごみ箱は全て撤去しているとのこと。

 本日は蒸し暑く、稲荷山コースから登りはじめ、中間の東屋に着く頃は、汗だくだくの状態。登山道がなにやら青く、苔が生えているのかなと思いつつ、よく見てみると、杉の枝。先日の台風の影響で、杉の枝が大量に落ち、それが苔のように見えてしまった。そして、しばらく、歩くと、太めの枝が散乱し、また、一部では、登山道をふさぐ形で、大木がなぎ倒されていました。
4号路でも、何か所か倒木があり、これから紅葉の季節、出かける折は気を付けてください。たぶん、すぐには、撤去できそうもない状態です。

 山頂に着くと、大勢の登山客が所せましに、昼休憩をとっていました。あまりの多さに、山頂では、少し休憩し下山後に昼食をとることにしました。

 今回は、いつもは、歩く人が少ない4号路も行列ができていました。4号路の途中から山頂へ向かういろはの森コースは、ハチの巣があるため、通行禁止のようです。
ケーブルカーの山頂駅までたどり着くと、ビアガーデンの空きを待っている人、名物の天狗焼きを購入しようとしている人、ケーブルカーの行列とここも人でごった返し状態です。
 これから、紅葉の季節です。高尾山へ出かけようと思っている方、情報収集の上、余裕を持った計画でお出かけください。

高尾山181007