越生梅林梅まつり

越生梅林

先週から始まった越生梅林の梅まつりに行ってきました。
梅まつりに行くときは、越生駅から梅林まで4キロ弱の道のりを歩きです。
今回、公民館の駐車場で何かやっていたので立ち寄ると。

「梅香るおごせハイキング大会」でした。
30分前にスタートし、遅く来た参加者が5人ほど受け付けをしていました。
内容を見ると、
・ゆったりコースが、約3.6キロでゴールが越生梅林
・大会の参加費が無料
・梅林の入園が無料
ということで急遽、受付をし、参加することにしました。
※たぶん、一番最後の参加者だったでしょう

いつも梅林へは、バス通りを歩いていましたが、
今回、ハイキング大会に参加することで、越辺川の遊歩道という
新しいコースをみつけました。
ただ、2月の冬の時期ということで、枯れ枝が目立ち、物寂しい風景でした。
新緑の季節に、もう一度、歩いてみたいとも思いました。
そして、1時間ほどで、梅林に着きました。

いつもなら、時期的に早かったり、遅かったりするのですが
今回は、紅梅、白梅、ロウバイ、そして、福寿草と見事に咲いていました。
ただ、梅林を上から眺められる展望台が撤去されていたのが残念です。
園内を一周し、昼食にあったかいそばを食べてから、帰途へ

今回も、下記の3点を買って帰りました。
・梅ゆかり(金泊入り梅茶)
・おなめ
・梅干し
個人的に、お勧めの3品です。
※梅ゆかりに関しては、梅まつりにあわせて、製造販売している為、
他では、売っていないそうです。(数年前に聞いた話)

帰りは、バス通りを歩いて帰りましたが、
昨年も置いてあった、古いポストを今年も見かけました。
また、一般家庭の門柱わきに、枝垂桜が

2019年2月23日

高尾山(冬そばキャンペーン)

高尾山

冬そばキャンペーンということで高尾山へ行ってきました。

朝早く、8時には高尾山口駅に着きました。
駅前の観光案内所へ立ち寄り、「冬そばキャンペーン」のチラシを
もらい、八時半前には登り始めました。
本日は、薬王院で節分の日の豆まきがあるためか冬の高尾山にしては
人が多くいました。

八時台の稲荷山コースは、先日、降った雪で登り始めの階段は
凍っていましたが、日向は乾いた登山道で、山頂付近の日陰で
ぬかるみがありました。
九時半過ぎには山頂に着きました。今日は、晴れていて、
富士山がはっきりと見ることができました。

10時近くに茶屋が開き、本日一杯目のそばは、とろろそばを
曙亭で取ることにしました。

豆まきで混んでいるとわかっていましたが薬王院を通るコースを下りました。

下山後、二杯目のそばは、紅葉屋本店で、ざる蕎麦を注文しました。

そのあと、観光案内所で冬そばキャンペーンの
2スタンプ賞のピンバッチを受け取り、温泉に浸かってきました。
ピンバッジは、先着1000名様です。
12時過ぎの時点で、100個にも届いていないということでした。
蕎麦とピンバッジに関心がある方は、高尾山へ登ってみては
どうでしょうか?
ピンバッジの残り数は、観光案内所で、ご確認ください。

京王高尾山温泉極楽湯は、今回が初めての利用です。
温度が異なる数種類の温泉があり、食事処も椅子と畳の両方があり
畳の方でゆっくりしてきました。
混雑状況にもよりますが、入館料1000円はお手頃ではないでしょうか。