雪の川苔山

川苔山

当初は、日曜日に出かけようと思っていましたが、天気予報で土曜日は、「晴れ」 日曜日は、「雪のち雨」ということで、急遽、出かけました。この時期、普段は、山頂で、味噌煮込みうどんを調理していますが、今回は、カップめん・おにぎりとお菓子をコンビニで買い込んで、でかけました。また、雪山を期待して、アイゼンも用意しましが、鳩ノ巣の駅を降りると全く、雪の気配なし、登り始めても、所々に踏み固められてアイスバーン状となった登山道でした。山頂まで、30分ほどという所で、ようやく、ところどころ、土が覗いているものの雪景色が広がりました。山頂で会った登山者に聞くと、2週間前は、50センチの雪が積もっていたとのこと

2003年02月15日

川乗橋から川苔山へ、そして鳩ノ巣駅

1996年09月15日(日) [日帰り]
コースタイム
川乗橋バス停09:5510:30細倉橋10:30川乗山登山口11:20百尋ノ滝12:50川苔山13:5015:45鳩ノ巣駅

奥多摩駅から川乗橋まで、バスで行き、そこから歩き始める。しばらくは、車道そして、砂利道を歩き、細倉橋からは、滝が何か所か見られる。川沿いに歩き、途中、岩場を登る。そして、落差25mの百尋ノ滝を拝んだ後、川苔山山頂へ向かう。
川苔山山頂は、開けており、見晴らしは良好。本日は、晴れていることもあり、多くの登山者で賑わっていた。
帰りは、鳩ノ巣駅へと下った。

川苔山

1996年06月16日(日) [日帰り]
コースタイム
鳩ノ巣駅09:05 – 09:40大根ノ山ノ神 – 11:55川苔山12:50 – 14:15大根ノ山ノ神 – 14:45鳩ノ巣駅

下りの途中で小雨が降り、残り30分ほどの時に、大粒の雨に変わり、カッパを使用。
梅雨時の午後は要注意で早めの下山をしたつもりだった、、、