みんなが、楽しくバーベキューを行うためには?[追記]

以前、同タイトルで、問題を5項目、挙げていましたが、現実には、私の想定をはるかに越えていました。
それは、2番目のゴミの放置問題で、この時のゴミは、一般の燃えるごみや生ゴミ、あるいは、ビールの空き缶などを想定していました。

しかし、つい先日、条例違反BBQが急増というネットニュースの中で、コンロなどの調理器具やゴムボートなどの遊具も放置されると報道されていて驚かされました。

私が考える問題の5項目とは、

1. 飲酒後、川に入り水難事故
2. ゴミの放置問題
3. 使用した鉄板などを川で洗う環境問題
4. ガスボンベの爆発事故
5. 使用後の炭の放置  

シルバコンパス

普段の山歩きで、地図を持参している方はどれぐらいいるでしょうか?また、コンパスを持参しているかたは?

私は、ここ何年も山歩きは高尾か奥多摩なので10年以上前の奥多摩の地図をザックに入れっぱなしです。コンパスはほぼ持参していません。

私が愛用している(しまい込んでいる)コンパスは写真のシルバコンパスです。ボーイスカウトの記章入りなので、多分、30年前のものだと思います。自分でもいつ買ったかは、あまり覚えていません。

注意点
1.コンパスを水平にして使う
2.コンパスを真上から見る
3.地図に磁北線を引いておく
4.磁針に影響を与えるものから離す

※参考図書:安全登山の基礎知識

救急法

趣味でアウトドアをやっている方で、救急法の講習を受けた方は、どれぐらいいるのでしょうか?

少し前に、アウトドアの本を整理していて、本棚から写真の救急法の本を見つけました。平成14年改訂版です。

平成15年に受けた日本赤十字社の心肺蘇生法初期講習で使用した本でした。
まだ、AEDの講習が始まっていない頃のものです。

また、最新の講習を受けようと思いつつ遠ざかっています。

救急法の講習は、日本赤十字社以外にも、消防庁や民間のアウトドア団体でも行っているところがあります。
山歩きなど、アウトドアを行う方、一度は、受けておいた方がいいですよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キャンプが人気?

つい数日前に、近くの本屋へ行き、アウトドアコーナーを覗くと、登山の本より、キャンプやバーベキューの本やその特集記事を扱ったものを多く目にしました。

厳密には分類できませんが、ジャンルで言えば、ソロキャンプ、ファミリーキャンプ、手ぶらでキャンプ、グランピングなど。
初心者向けの初めてのキャンプのようなものから、アウトドア用品の評価付けの記事まで豊富にありました。
NHK講座にも、キャンプを取り上げたものがあり、ちょっとしたキャンプブームを感じました。

何冊か手に取って、見てみましたが、かなり豪華なキャンプとなっていて驚いています。

キャンプだけの人気ではないでしょうが、ニュースでは、GOTOキャンペーンの対象外となった東京で、奥多摩が非常に人気で混雑しているそうです。

熱中症死者数、過去最多

8月の東京で熱中症死者数が、187名と過去最多になったそうです。

搬送者のおよそ6割は60歳以上で、このうち重症者は217名
ひと月の死者数は、統計を取り始めて最高で、その9割は、クーラーを設置していないか、使用していなかったそうです。

ニュース記事で見かけたのは、東京都の状況ですが、この夏は、どこも、大変だったのではないでしょうか?
また、半月前は、水難事故が多発している岐阜県のニュースが掲載されていました。

ここ数年、9月に入ってからも気温が高く、夏を乗り切っても、夏バテの症状がでてくる時期です。
多少、涼しくなっても、気を付けて山歩きを楽しみましょう。

組織キャンプの閉会式でよくつかわれる締めの言葉ですが

「家に着くまでがキャンプです。帰り道には気を付けて、帰ってください。」

登山でも、下山後、温泉に浸かり、ビールを一杯という方もいらっしゃいますが、くれぐれも気を付けて、家に着くまでが登山です。

みんなが、楽しくバーベキューを行うためには?

前回のひとりキャンプの話から、今回は、バーベキューについて、

以前に話した項目もありますが、バーベキューに関しては、アウトドアブームの影響もあり、楽しむ方が多くなるにつれて、下記の5項目の問題も顕著になってきています。参加人数が増え、ブームとなることは、大歓迎です。そして、基本的な知識や技術を身に付けマナーを守り、周りに迷惑をかけず、環境にやさしく、楽しんでもらいたいものです。

私が考える問題の5項目とは、

  1. 飲酒後、川に入り水難事故
  2. ゴミの放置問題
  3. 使用した鉄板などを川で洗う環境問題
  4. ガスボンベの爆発事故
  5. 使用後の炭の放置

最近、特に河川敷を管轄する自治体で、ゴミの放置問題に悩まされるというニュースが度々報じられています。過去には、砂に埋めた炭を踏んでしまい、足の裏に大やけどを負ったというニュースもありました。
特にゴミ問題では、自ら持ち込んだものは、全て持ち帰るべきです。参加者で分担すれば、ひとりあたりの持ち帰る量は極端に減ります。また、持ち込む段階で最小限の量ですむように工夫すべきではないでしょうか。このあたり、本当にアウトドアが好きな方は、どうやって、ごみの量を減らすかと工夫をするのも好きなのではないでしょうか?

まだまだ、暑い日が続き、バーベキューに出かけようとする方がいると思いますが、上記のことを気に留め楽しみましょう。

キャンプ中の刃物で書類送検?

最近、コロナの影響で密をのがれるため、ひとりキャンプが流行っているそうです。そして、指定された場所以外でキャンプをしてしまい、警察官による職務質問をかけられることが多々起きています。それだけならまだいいのですが、運悪く、違法な形で刃物を所持していた場合、書類送検されてしまう例もあるそうです。

法律では、刃渡り6センチを超える刃物は、携帯不可です。
現地までは、しっかりとザックなどにしまっておきましょう。
また、不必要な本数を持ち歩かないことです。

とはいえ、私か組織キャンプに関わっていたときには、
・薪割り用のオノやナタ。
・調理用の包丁。
・工作用のナイフや小刀。
・個人用の折り畳み式ナイフあるいは徳用ナイフなど、

注意を払うべき刃物が10本以上ありました。
ひとりキャンプを行うときには、必要に応じて、刃物が数本必要だと思います。
その場合は、管理の徹底となぜ必要なのかを説明できるようにしておきましょう。

山頂の気温を調べてみよう

最近、気象庁のウェブサイトのアクセスが増えています。それに伴い、広告を掲載し運営費用に充てるそうです。
このところ、私も、何回か気象庁のHPを確認しています。毎日毎日、暑い日が続き、はたして、気温は何度なのだろうかと。気象庁のデータベースを利用すれば、各地のアメダスの情報を知ることができます。

そこで、過去の山歩きにおいて、近くのアメダスの気象データを調べることによって、山頂の気温を計算で調べことができます。


ちなみに、私の下記の山行記録で山頂の気温を調べてみました。

2014年2月11日 雪の高尾山

高尾山(標高 599m)の山頂 12:35到着

アメダスの情報より
東京都八王子(標高 123m)の気温
12時30分と40分、ともに、3.4℃

よって
高尾山の山頂 気温 0.5℃


標高100m上昇する毎に、気温が0.6℃下がるため、

3.4-0.6*(599-123)/100 = 0.5


皆さんも過去の山歩きの山頂気温を調べてみては、どうでしょうか?
ベテランの方は、記録しているとは思いますが。