御岳山のカタクリ、見るには遅かった

カタクリが見頃だと思い御岳山へでかけましたが、急な暖かさで、2週間ほど、早く見頃が過ぎていました。
今回は、運よく立川駅からホリデー快速に乗ることができ、登山客が多い中、御嶽駅到着後、一台目のバスに乗ることもできました。その為、うまくバス、ケーブルカーと乗り継ぎ、御嶽駅に着いて約30分後には山頂駅に立っていました。

御岳平で、スタート前の準備体操とコーヒーブレイク。普段の生活では、段々と暖かくなってきましたが、やはり、地上800mの場所、曇天の中、ジャンパーは着ているものの肌寒く感じました。まずは、ビジターセンターに立ち寄り、カタクリの情報を得ましたが例年より早く見頃が過ぎたとのこと。遅咲きの斜面を教えてもらいそこへ行ってみることにしました。やはり、見頃はすでに過ぎていました。その為、御嶽神社まで登って、その後、のんびりと散策しながら下って来ました。

御嶽神社の階段の手前には、注意書きの看板が英語・中国語・ハングルそして、日本語と4ヶ国語で記載されていました。外国人にも人気の山なんだなと感じました。バスも英語の表記になっていました。

※今回、デジカメのタイムスタンプがクリアになっていて失敗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です