尾瀬にて、番組撮影による観光客足止め

 先週のニュースで、尾瀬の木道にて、番組撮影の為、観光客が足止めされたというニュースがありました。また、「NHKの番組撮影の為、10分少々お待ちください。」というボードを掲げたスタッフの写真がSNSに拡散されていました。このことに関して、国立公園の事務所の管理者は、撮影の連絡はあったが、通行止めをすることは把握していなかったと取材にこたえています。
 何年か前にも、同じようなことがありました。NHKではありませんが、山頂でCM撮影の為、通行止めを行い問題となっていました。撮影クルーは、その時の出来事は頭になかったのでしょうか?
 もし、事前連絡を行い、尾瀬の各案内所やビジターセンターなどが、短時間でも通行止めがあるというアナウンスをしていれば、今回のような問題は起こらなかったのではないでしょうか。
 実際、高尾山では、紅葉の時期などに、狭い登山道にて時間帯による登りの一方通行や、倒木の為通行止めなどのアナウンスをしています。
 自然の番組を制作する撮影するクルーとして、ハイカー達の行動にもう少し配慮してもいいのではないかと残念に思います。

ちなみに、撮影された番組とは、
6月19日(日)BSプレミアムで放送予定の初夏の尾瀬をテーマにした番組のようです。
CM撮影では、放送禁止となりましたが、上記番組はどうなるのでしょうか?放送されるでしょうね。

Author: hiro2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。