アウトドアの知識を確実に

毎年、夏休みの時期になると、アウトドアの知識不足による事故が、ニュースを賑わせています。あと数日で7月です。今から、

数年前に、庭にテントを張ってキャンプをしていた家族が暖を取るために、練炭に火をつけて就寝。翌朝、小学生の女の子が亡くなる事故がありました。
この事故を聞き、愕然としました。火のついた練炭をテントの中に置いて就寝するなんて考えられないことです。

なぜ、このようなことが起きてしまったのか?
ここ何年も、アウトドアブームで
キャンプやバーベキューなどが流行っていますが
基本的な知識も持たないまま行っている方が多く
みうけられます。このようなことがあると、野外教育の
大切さを痛感させられます。また、ガスランタンやガスコンロの注意書きで
「通気を良くして使用してください」とあり、
テントの入り口を開けた状態で、使用している方が
います。私は基本的に、テント内での使用は、
禁止すべきだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です