山小屋の洗礼3

山小屋の洗礼3
山小屋での話ではないのですが、私が印象に残っているご主人は、高尾山の城山茶屋の先代です。
茶屋の前は、ずらりと、テーブル席が並んでいます。新緑や紅葉の時期になると登山者でいっぱいになります。
私は、おでんをつまみに、缶ビールが定番でテーブル席でゆっくりとしているのですが、
たまに、茶屋では何も買わず、テーブル席で、手作り弁当を広げている客がいると、先代のご主人が注意して回っている姿が思い起こされます。
お昼に、1時間ほど、ゆっくりとくつろいでいると必ずと言っていいほど、数回、注意する声が聞こえてきていました。
また、ある時、学生のグループだったと思いますが、ビールやおつまみは担いで登ってきているのに、箸と皿を用意していなくて、茶屋に借りに来ていました。私は、その話をすぐ横で聞いていて、あきれてしまいました。

山で仕事をされている方は、頑固者が多いですが、登山者の中には、常識外れの行動をするひとがいるんだなと思った瞬間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です