水上設置遊具による溺水事故

水上設置遊具による溺水事故

昨年の夏に起きた
としまえんのプール事故について

「救命胴衣でのエア遊具は危険」
という報告書が消費者事故調から出されました。

エア遊具が設置された遊戯施設において
ライフジャケットを着用したまま遊具下に潜り込むと抜け出せなくなることがあると報告書にまとめられました。そして、再発防止に向け、ガイドラインの策定などの対策が必要だと指摘しています。

事故概要
としまえんのふわふわウォーターランドで発生
プール水面に設置されたエア遊具の下でライフジャケットを着用した児童の溺水による死亡事故

消費者庁
消費者安全調査委員会
水上設置遊具による溺水事故

https://www.caa.go.jp/policies/council/csic/report/report_018/

上記、HP上で公開されています。
ライフジャケットを着用して遊具から落水した場合の実験が
20ページ以降に、写真付きで落水実験の様子が掲載されています。そして、かなりの確率で遊具の下へもぐりこんでしまう現象が発生するとされています。

※この夏、水辺の活動を行う団体や家族においても、一読しておくことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です